★紀ノ川柿

いよいよ柿の美味しい季節がやってまいりました。
今回紹介するのは和歌山県産 紀の川柿 です。

平種なし柿を木になったまま渋を抜く方法で栽培したもので、
平種なし柿と見た目や味が違うためこう呼んでいます。
「紀ノ川柿」は品種の名前だと思っていましたが、
そうでは無いのですね。
attachment00
紀ノ川柿の栽培方法はとても手間がかかっています。
まず木になっている柿に、ひとつひとつ丁寧に
固形アルコールの入った袋をかぶせます。
そして、その二日後に袋の底を破り、木になったまま
柿の渋を抜きます。

一つひとつ手間がかかりますが、
そうすることで美味しい柿ができます。

attachment01
切ってみると、手にもたくさんゴマが付くほど
中のゴマがすごいです。このゴマが甘さの
証拠なのです。
断面が花びらみたいで、かわいいですね。
食感も、ごまの歯触りを感じて他の柿とは全然違い、
糖度もとても高い美味しい柿です。