★小布施ブラムリーアップル

【小布施のクッキングアップル「ブラムリー」】

長野県には栗で有名な「小布施」という地域があります。
この地域は栗をはじめ、たくさんの果物が栽培されていますが、
その中でも、私たちが心底惚れこんでしまった果実があります。

それが、クッキングアップル「ブラムリー」。
attachment03attachment02

鮮やかなライトグリーンのこの青りんごは、とにかくパンチの効いた酸味が特徴です。
生で食べるとちょっと刺激的すぎるかもしれませんが、
アップルパイ、肉料理のソース、カクテルなど酸味を活かしたメニューは新鮮で独創的で魅力的です。
イギリスで約200年前に発見された原生種で、日本でも限られた産地でしか栽培されていません。
小布施はブラムリー栽培のパイオニアで、約20年前に導入後、現在は35名の生産者で年間30トンもの出荷を誇ります。
私たちは3年前にブラムリーに出会い、この魅力をたくさんの方々に体験してもらいたく、今シーズンの販売に向けて産地視察に行ってきました。
attachment00

ブラムリー生産者の部会長さんにお会いすることができ、今年の生育状況や傾向を詳しく教えて頂きました。
この部会長さん、テレビ出演など多数されており地元ではかなり有名人だそう。
とにかくブラムリーへの愛があふれ出ていました。
生産者ならではの調理法や活用メニューなど教えて頂き、ますます販売にチカラが入ります。

8月中旬以降の出荷スタートとなります!みなさん、楽しみにしていてください!

attachment00

ブラムリーアップルのジャムを使って、アップルパイを作ってみました。
ジャムのみで食べたらだいぶ酸味が強かったので、甘めのカスタードクリームと合わせてみました。
酸味と甘みの相性がとても良いです。
ブラムリーは火を通すとすぐに柔らかくなるので、ジャムは電子レンジでも簡単に作れます。
attachment01
小布施町振興公社の「小布施屋」さんのレシピより
ブラムリー020

企画開発部 松下

丸勇青果facebook