2017.3.31

昨日はいよいよ春が来たのかな、というような
とても暖かい一日でしたが、今日は昨日との寒暖差が
10℃もあるほど、また冬に逆戻りです。
そんな寒い今日は、暖かい南国気分を味わえるものを
ご紹介いたします。
鹿児島県産「たんかん」です。

たんかんは、ポンカンとネーブルオレンジの
自然交配種とされるタンゴールの一種です。
たんかんは傷やシミがつきやすくごつごつして
見た目はあまり良くはないですが、
とても果汁が多くとても甘く、それを支える酸味も
しっかりとしていてバランスよく濃厚な味です。
見た目より、かなり美味しい!!

中でもこちらの屋久島の山麓園さんのたんかんは
味が濃く、香りに優れている在来種にこだわって栽培しています。
平成13年にJAS認定を受けて、化学肥料、農薬、防腐剤、除草剤
等を一切使用せず、自家製の堆肥だけで栽培しているそうです。
有機栽培の特徴である、食味の良さを満喫できる
たんかんです。
屋久島から来た果物、なんだかいいですね。

丸勇青果facebook

2017.3.24

今朝起きたら、車の上にうっすら雪が積もっていました。
日中はだいぶ暖かくなりましたが、まだまだ朝は寒いですね。
それでも、日に日に春は近づいています。
本日は春の山菜をご紹介します。

たらの芽 群馬県産
もう少しすると地物のたらの芽が出てきます。
天ぷらにして食べたいですね。

こごみ 長野県産 
こちらはごま和えにして食べたいです。
ふきのとう、こしあぶら、ぎょうじゃにんにくなどなど
地物の山菜が色々出てきます。
春を香りと味覚で感じましょう。

丸勇青果facebook

2017.3.10

暖かくなってきたと思ったら、また寒さが戻ってきて
今日はまた雪が少し降りそうです。
前のブログ記事では、冷やし中華が食べたいほど暖かかったのに
今日はグラタンが食べたくなるような感じです。
そんな今日、ご紹介するのはグラタンにもおすすめ
徳島県産「ロマネスコ」です。

最近はスーパーでもたまに見かけるようになって、
だんだん入荷量も増えてきました。
でも、まだ食べた事がない人も多いようです。
食べてみると、味はブロッコリーに近く、ブロッコリーよりも
甘みがあるように感じ、食感はカリフラワーに近いです。

茹でる時も、ブロッコリーは「あっ、また茹ですぎちゃった!」
という時が多いですが、ロマネスコは形がしっかりしているので
茹でやすいと思います。
見た目が華やかなので、いつものサラダに添えるだけで
おしゃれになります。
ロマネスコを近くで、じっくりみていると
幾何学模様に吸い込まれそうになります。
こんな野菜、珍しいですね。

丸勇青果facebook

2017.3.3

日に日に暖かくなってきて、春が近づいてきていますね。
インフルエンザはだいぶ落ち着きをみせているようですが、
今朝は喉が痛いという人が何人かいましたので、こちらをご紹介いたします。

宮崎県産 完熟きんかん「たまたま」です。
名前にもインパクトがありますね。
でも、たまたまの名前の由来は形状から来る「玉々」ではなく、
美味しいきんかんが、時々、たまたま偶然にしかならないところから
由来しているんだそうです。へぇ~
「たまたま」は、多くの果実の中から傷のあるものや形の良くないものを
手作業で摘み取り、選ばれた「エリート」だけが温室の中で
ゆっくりと熟されるそうです。

「たまたま」を食べてみたら、前回食べたきんかんより
とても甘くて美味しくてびっくりしました。
私が食べたものは、入荷してから1週間くらい置いたもの
だったようで、更に熟成されて甘くなっていました。
次の日、入荷したばかりの「たまたま」を食べてみたら、
前日に食べたものより甘くなかった(それでも甘い)ので、
少し置いたほうが更に美味しくなるのかもしれませんね。
喉の痛い方は、「たまたま」いかがですか?

丸勇青果facebook
↑丸勇青果facebookでは、新入社員の塩野崎くんが、新たに投稿を始めましたので
こちらもよろしくお願いいたします。

2017.2.17

今日は、昨日とは打って変わって、暖かい朝となりました。
だいぶ日中は暖かい日が続き、先日冷やし中華が食べたくなったのですが
残念ながらどこにも売っていませんでした。
冷やし中華はいつから売り始めるのでしょうか??

そんな暖かい日にご紹介したいのは、和歌山県産「はるみ」です。

「はるみ」は「清見タンゴール」と「ポンカン」の掛け合わせです。
皮もむきやすく、マイルドな甘みの爽やか系で、
甘みも酸味のバランスもちょうどよく、万人受けしそうな柑橘です。


「せとか」「紅まどんな」などに比べて、果肉がぷちぷちしています。
ジューシーさよりも、果肉が大きめでぷちぷち感が好きな方、
「甘平」よりも酸味があった方が好きな方におすすめです。

2月末くらいまでの販売となります。

丸勇青果facebook

2017.1.27

マイナス10度の朝が二日続き、部屋の中も氷点下に!
窓際に置いておいたコップに、薄く氷が張ってしまいました。
今朝は風がビュービュー 気温は低くないですが
強風のおかげで体感温度は昨日より寒く感じます。
寒い寒いとみんなであたるストーブは、冬のオアシスですね。
そんな寒い今日ご紹介するのは、愛媛県産「せとか」です。
attachment02
せとかは、香りや食味の良い柑橘を掛け合わせた品種です。
切ってみると、断面を見ただけで美味しそう。
皮は薄く身がぎっしりと詰まって、濃厚でジューシーな味わい、
甘みとちょうどいい酸味で、文句なしの美味しさです。
まさに柑橘の大トロと呼ぶにふさわしい逸品です。
先日ご紹介した「紅まどんな」ともまた違った美味しさですね。
attachment00
結構大きいです。これは4Lなので手に乗せると
ずっしり重いです。
attachment01
贈り物にも喜ばれることでしょう。
これからハウス→露地栽培で3月中旬頃まで販売します。
attachment03
丸勇青果facebook

2017.1.19

毎日氷点下の寒い朝で、車のフロントガラスはガチガチです。
昨日の菅平は、なんどマイナス20℃を下回ったそうです。寒い!!
この寒さでインフルエンザや、喉の風邪が流行っていますね。
そこで、今日は風邪予防にも効果があると言われる
宮崎県産「完熟きんかん」をご紹介します。
attachment00
きんかんと言えば、おせち料理に甘露煮が入っていますね。
きんかんがおせち料理に入っているのは
「金冠」から宝物を意味して豊かさを願ったものだそうです。
「きんかんは苦手~」という人がいると思いますが、
私も実は甘露煮は味というよりあの柔らかい食感があまり
好きではありませんでした。
attachment00
ですが、この生食できる完熟きんかんを食べてみると
食感はフレッシュなままで、糖度があって甘いんです。
attachment01
1日2、3粒食べると抗ストレスに効果的と言われている
ビタミンCやカルシウムが摂取できるそうです。
実よりむしろ皮のほうに栄養があるため、
皮ごと簡単に生で食べられる完熟きんかんをおすすめします。
丸勇青果facebook

2016.12.10

今年も「赤城東麓じねんじょ」が届きました。

じねんじょは、学名「Dioscorea japonica」といい、
希少な日本原産の作物です。
地域によって呼び方が変わり、
ヤマノイモと呼ぶこともあります。
一般的に知られているナガイモ(やまいも)は中国原産で、
全くの別品種なのだそうです。
じねんじょは何といってもその粘り気が最大の特徴ですね。
濃厚な香りもあり贅沢な山の幸です。
attachment00

オススメ料理はコレ。
「じねんじょの磯部揚げ風」
すったじねんじょを海苔にのせ、それを素揚げでカラッとあげます。
仕上げはめんつゆをお好みでつけて食べます。
簡単に作れておいしい一品料理を、是非試してみてください。

丸勇青果では、綺麗な化粧箱に入れられ、
ひとつひとつ丁寧につくられたこの「赤城東麓じねんじょ」を
取り扱っています。
主に大切な人への贈り物や、
道の駅などで販売しています。

栄養素が豊富で滋養に良い、
「赤城東麓じねんじょ」を是非お試しください。

attachment01

こちらのころころかわいい小さなじゃがいもみたいなものは
「むかご」と言います。 じねんじょや長芋の葉の付け根にできる球芽です。
じねんじょや長芋のあかちゃんといったところです。
栄養はお母さん芋とほぼ同じで、実は
お母さん芋よりも高い栄養価を持っていたりもするのです。
素揚げにしたり、煮っころがしにすると美味しいです。

企画開発部 松下

丸勇青果facebook

2016.12.9

今日は、最近人気上昇中の柑橘
愛媛県産「紅まどんな」を紹介します。
attachment01
昨年はまだまだ認知度は低く、置いてあるお店も少なかったのですが
今年になってメディアに取り上げられることも多くなり
今、注目度ナンバーワンの柑橘です!
attachment00
中の皮がとても薄く、果肉もまるでゼリーみたいに
ジューシーで今まで食べたことの無い新食感です。
ついつい何個も食べたくなってしまいます・・・
美味しい~!!
attachment00
JA全農えひめではこのように
スマイルカットで食べることをおすすめしていますので
食べる時には是非やってみてください。
今年は、12月後半より
県内中南信の西友にて販売する予定です。
紅まどんなは販売期間の短い品種ですので
見つけたら即買いしましょう。

丸勇青果facebook

2016.11.18

本日入荷始まりました!
和歌山県産「菊一みかん」です。
attachment00
市場にはあまり流通していない貴重なみかんで、
30代の若い農家さんが丹精込めて作っています。
attachment01
皮が薄くて身が締まっていて、衝撃の美味しさです。
美味しくてついつい何個も食べてしまいそうです。
2L~3Sのサイズがありますが、
小さい方がより味が濃く、甘さを感じます。
attachment02
箱にもこだわっているそうで、おしゃれです。

伊那市の産直市場グリーンファームさん
安曇野市のHAMAフラワーパーク内やおはちさんにて
販売致します。

丸勇青果facebook

1 / 1912345...10...最後 »